たぴちゃんち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと時の休息

8月13日早朝から岐阜県高山市の
奥飛騨温泉郷まで遊びに行きました。

まずは奥飛騨温泉郷福地にある
福地温泉孫九郎に行きました。


知り合いの旅館に顔を出すと
久しぶりすぎてすごく喜んでくれました。

露天風呂にも貸切で入らせてもらって
最高でした。

roten.jpg


しかし、アブがいっぱい飛んでいて
怖くて怖くてタオルで振り払っているうちに
熱くなってしまい、
「もう・・出ようか・・(笑)」と。
つるつるになったよ♪

次も知り合いの所へ。

ここは昔懐かしいおもちゃがいっぱいの
おもちゃ博物館です。



今日は中には入らず玄関先で
熱々の温泉卵を食べました。

その後少し行くと防災ヘリのヘリポートがあるので
ヘリコプターが来るかもしれないと言う情報をもらったので
行きました。
そこには山岳警備隊員の小屋があります。

時間よりかなり遅くなったけど
1時間ほど待っていたら岐阜県警察の
ヘリコプターがきました。

nabe2.jpg



近くでビデオ撮影していた私は
吹き飛ばされそうになる風圧に耐えながら
必死の撮影。
旦那さんは息子に細かい石が飛んでくるのを
防ぐように守っていました。

目の前に下りてきたヘリに大喜び!

おまけに隊長さんが
「操縦席に乗るか?坊主!」
と、特別に座らせてくれました。

息子は大喜び!

nabe3.jpg



両親はビデオやらカメラで撮影大会(笑)

空気の綺麗な奥飛騨の山を満喫して
旦那さんの家に帰宅。

バーベキューをしながら

nabe4.jpg



横では義父と義母が交代しながら
息子と花火をしていました。

息子が突然

「熱い!熱いよ!!!!!」

と叫びました。
何だと思って見ると息子の手元で
火が燃えています。

「手を離しなさい!」

と私が言った時にはすでに遅く
息子は泣きながら

「痛いよ痛いよ」と泣きます。
水道水で冷やし、その後
ビールを冷やしていた氷水で冷やしました。

親指が水ぶくれになってしまいました。

義父が確認しないまま線香花火を
逆に持たせて火をつけたために
手元まで火が燃え上がってしまったのが原因でした。
義父は
「暗いからわからんかった」
「お前が(旦那)やらないからだ」
「間違えることは誰でもあるわい」
などと言い訳する義父に義母がキレて夫婦喧嘩勃発。

確かにわざとではない。
義父も驚き焦るのもわかった。
でも、京汰には謝ってほしかったな・・・。

近所の人で「火を戻す」人が居るとの事で
その人が来てくれておまじないをしました。
やけども軽いので薬も付けなくていいよと言ってました。

その言葉を聞いていた義父と義母は
「薬はつけなくていいって。」
「つけないほうがいいんだよ!おまじないしたから」
と言ってきかない。


私は占い、おまじないなどは信じないわけでもない。
でも、こういうときは冷静に科学的なことを考えてしまい
おまじないをした水をガーゼにしみこませて
付けているだけでいい、薬は付けなくていいというのは
どーなの?と思った。


息子の初めてのやけどに一番動揺していたのは私。
でも、義父には
「わざとやないし、気にしんといてな~」
と言いました。

痛い痛いと言う息子にどうしたらいいか焦る私。

こっそり空っちにメール。

アドバイスを頂き、とにかく冷やす事に。
そして、義父と義母の目を盗んでこっそり
オロナインを塗った。

空っちアドバイスありがとう★
遅い時間にすみませんでした。

旦那はいつまでも親を責めていたので
責めないでとお願いしました。
息子も火を触ればやけどすることも体で覚えた。
こういうことは誰でもあるから。


やはりどうしても旦那さんの家は気を使う。
田舎から出てきたギャグもわからない夫婦。
実家では物静かな旦那。
帰りたいと言う息子。
一人で場を盛り上げる私。

疲れました・・・_| ̄|○ il||liヘトヘト



でも、久しぶりに山奥の綺麗な空気を吸って
息子の生まれた場所を見てきて懐かしんだ時間は
私たち家族にとってひと時の休息でした。

都会の便利もいいけどのんびりした山はやっぱりいいね。




nabe1.jpg

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

京ちゃん、楽しい思い出から痛い思い出まで色々だったんだね。
火傷大丈夫?傷残らないといいんだけど(´;ェ;`)ウゥ・・・

旦那の実家はやっぱり気を使います。
自分の実家への里帰り前後に
旦那実家で数日ずつ過ごしたけど、
「ずっと居れば?」と言われて内心
『遠慮させていただきます』と思ったもん。

とりあえず、京ちゃんの夏の思い出から
火傷と一緒に「痛い思い出」が消えますように。

ぽん♪ | URL | 2005年08月15日(Mon)13:15 [EDIT]


火傷したのは残念だけど自然一杯の中でいい思い出いっぱいできたかな?
で、『おなじない』ってそちらの方言ですか?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

リバティー | URL | 2005年08月15日(Mon)13:43 [EDIT]


ほんとだね^^;
ヘリコプターに乗った京ちゃんの笑顔最高だったもん^^
花火の事件で、ちょっと残念な終り方だったけどね^^;
早く治るといいね^^

nori | URL | 2005年08月15日(Mon)20:31 [EDIT]


ぽんちゃん★

気使うよね・・・。
やっぱり自分の親じゃないから
仕方が無いんだけどね。

チビにとってはいい思い出になったと
思います。
親も頑張ったよ!
火傷も知らないうちに皮がむけてしまったけど
綺麗になってきました。
化膿しなきゃいいな。

リバたん★

火傷は本人も痛いし親も心配。
それだけは残念でした。
でも、いい思い出たくさん出来たよ!
で?
「おなじない?」
あ~きっと方言なのかもね。(爆)
直しといたさっ!

noriちゃん★

ほんとだね?
って?何が??

火傷は酷くならない程度に
治ってきそうです。
今年の夏はばたばたして
かなりしんどいけど頑張っています!

たぴちゃん | URL | 2005年08月16日(Tue)22:19 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山の良さと怖さ 富山県警山岳警備隊

★人気の写真blogランキングへ・・・★ 私も風景・自然分野の写真プログとして毎日、更新して紹介しています! 今日は、「ドスペ!密着300日 緊急出動! 北アルプス山岳レ
[続きを読む]

季節の中で ~ 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary ~ | 2005年09月18日(Sun) 17:27


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。